2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPお役立ち? ≫ ダブルセイバーの推奨委員会!!

ダブルセイバーの推奨委員会!!

ダブルセイバーを楽しんで見ました!!
こんばんは。どうも、私です(^-^)/

まずは、個人的に結構気に入っています武器迷彩「アートルム」!!
うぅん・・・。
全くこれを装着している方を見かけません・・・(´;ω;`)
ダブルセイバーの人口が少ないせいもあるのでしょうかね・・・^^;
アートルム
赤黒い稲光を纏った独特のフォルム。
かっこいいと思うんですけれどねぇ・・・(´∀`*)ポッ

続きまして、ケイオスライザーの個人的な意見^^;
前回の新PAで登場しましたケイオスライザー。
すでにご周知のとおり、ケイオスを発動しますと、溜まったギアがすべてもっていかれます。
その分、集束できるエネミー範囲が増えるわけですね^^;
この状態では、即座にダブセギア「かまいたち」を発動できません。
そこでふと思ったのが・・・
エネミーの集束範囲向上っているのかな?という点です
ケイオス検証
近接というからには、エネミー間に突っ込むわけですし、ケイオスもギア0で吸い込まないわけではありません。
こちらから、エネミーとの距離を詰めてあげれば、収束範囲も気にならないのでは・・・?
ならば、ということで先に「かまいたち」を発動させた上でケイオスを発動してみます
ケイオス検証2
エネミーを吸い込みつつダメージを与えることができます。
かまいたちには、武器についている状態異常付与の効果も適用される?よう?ですね。
この時点で、エネミーを状態以上に、加えて集束、ダウンという戦況に持ち込めます。
ここで発揮するファイターのスキルが「チェイスアドバンス系」ですね^^
エネミーが状態異常であればダメージ倍率が上がるというスキルになります(^-^)/

そして、最後にトドメの一撃を好きなPAで決めます!!
ケイオストドメ
わらわらしてるところで決める、爽快な一撃・・・。
実に楽しいです^^
これがあるからダブセは辞められないのですよね^^;
私の場合、攻撃用のPAとして
「トルネードダンス」「デッドリーアーチャー」・・・安定した連続したダメージ
「イリュージョンレイヴ」・・・コンボ数による手数重視&かっこよさ、ダメージ倍率
を多様しています

いざ実践としてエネミーの多いところでためすと・・・
実践編
ばっさばっさとナギ倒せますヽ(*´∀`)ノ

ぜひ皆さんもダブセを楽しみましょう^^

ただ、注意点としてあくまで通用するのは雑魚エネミーとされる相手のみ・・・。
吸い込み不能の巨大ボスエネミーは通用しませんのであしからず^^;

ロックベアや中ボスタイプなら吸い込めますよ^^
ただし、ダウンはさせることができません。
そのため、集束したらすぐPAを発動し体制を立て直すことをおすすめします^^
トルネードダンスで間合いを撮るのもいいと思いますよ(*´∀`*)

さぁ、レッツダブセ!!
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL